2018年12月29日土曜日

年末ライブ告知~新たな仲間の到来~

tanutanu's2018年の年末ライブを行います(^^)

12/31
静岡騒弦
-大騒寺-



大勢の出演者が登場する年末イベントに出演するのは初なのでとても楽しみです。
今年も騒弦さんにはお世話になりましたので2018年の最後の騒弦イベントに出させていただくことは嬉しいです。


2018年最後のあれなのですが、活動的にはには常に2019年モードです。
前回2週間ほど前のライブでは映像の導入や機材紛失などのトラブルで急遽購入した機材でライブしたりと初めてのこと尽くしで万全のものを披露することが難しく消化不良で終わってしまいました。

その反省も踏まえて、今回準備や身の回りのものに注意を払い気を付ける、当たり前のことかもしれませんが小さなミスの見逃しが大きなミスへと誘発するので一つ一つのミスを逃さず直してゆきたいです。

そんな感じで前回を超えるライブをすることが毎回の目標にしようと思っています。

具体的に

・MCをせずにスムーズに曲間の転換をおこなう
(2018年はバカみたいなMCで濁してしまいましたが2019年はストイックにゆきます)
・曲の完成度の向上
・映像をどうとらえるか具体化する(試行錯誤中)
・ライブでやっていない曲を試す
・楽しむ


そして新機材も揃えました。




機材の軽量化を目指してまして、波長がかなり合うものに出会いました。
roland,デジタルシンセサイザー,ハードウェアとソフトウェアの融合、このあたりが私が求める機材なのかなと分かってきたような気がします。
曲に厚みをあたえるシンセサイザーに出会いました。

これからライブをしてゆくのかが楽しみで仕方ありません。

そんな感じでポップなきらびやかなナンバーからダークでグリッチな不思議なナンバーを今回プレイする予定ですので、良い報告ができるよう頑張りたいと思います!(^^)


前回のライブの様子です。







まだまだ甘いパフォーマンスですね。。

2018年12月25日火曜日

冬EP楽曲紹介その1 〜収穫 - 田舎エレクトロニカに魅了されて〜

2018年12月から2019年3月頃まで販売予定のtanutanu'sのEP「B級電子音楽狸ポップ」の楽曲紹介を何回かに分けて連載しようと思います。

第一回目は、一曲目に収録されている '収穫' という曲について紹介いたします。






この曲は、タイトル名を決めるのにほとんど時間がかからず作り始めてすぐできたコード進行の響きから収穫という名前に決めていました。
そのコード進行というのは、

DM7 - C#7 - Bm7 - Aの3度ずつ積み重ねたコード

ルートというか尻尾の音(一番低い音)が下がってゆく進行でよく使うのですが、時間が進むにつれて徐々に下がってゆく遠慮がちな生き方に反映されているのでしょうか...下がるというのは落ち着かせるという意味合いもあると思います。
そんな感じで落ち着かせる進行でもあります。
また7のコードも単体で並べられているのがわかるでしょうか。
特にM7というコードは都会的なクールでおしゃれな雰囲気があると一般的に言われていると思うのですが、そこを哀愁ある鈍臭さ田舎っぽさある音像にできたと思います。
ディレイをかけてダブらせたりこのコードをグリッサンドで弾き天辺の7の音をほんの少し遅らせることで都会的なクールさを抜けさせて、まさにローカルな首都圏とは遅れた置き去りにされた古い時間を演出しています。
そしてコード進行の最後のドミナントのコードにマイナーキーの音を持ってきているところがこの曲の調味料になって良い味を出しているのかなと今ふと思いました。

そんな感じで音楽の話は尽きないですよね......(^ ^)

田舎っぽい牧歌的な雰囲気のエレクトロニクスは何年も魅了されており、このコード進行を弾いた瞬間から収穫という農作、畑作をイメージする山の梺の風景が脳内に出てきました。

収穫の日に山の狸たちにも山菜を分け与える、そんな平和的な風景は現実的ではありません、、それどころか野生動物は畑を荒らす害獣です。
ですが、山に実がなる、実りの時期にはアミニズム的に人間と山に暮らす動物たちがともに山の収穫を祝う。
そんな浪漫があるエレクトロニクスなナンバーです。




この曲は2017年の秋にはできていましたがその時に完成したバージョンからバージョンアップを繰り返した末今作の収録verになりました。
Bandcampのものは旧ver(2018春ver),YouTube(本ページの一番上のリンク)のものも古いverです(201811月ver)。本作収録の最新verは果たしてどうなっているでしょうか!

エレピの音のミックスが非常に難しいのでエンジニアさんと知り合いになったら相談しようと思います。

アルバム1曲目なのでライブでもプレイする機会が増えると思います。


こちらは2018年の春ころのライブの録音音源です。

この頃よりもよりグルーヴィーになっておりクオリティも高くなるように準備中です。
ライブでも何回もやっており、偶然聞いていただいた中学生のお客さんからも良い反応をいただき嬉しかった思い出があります。

そんな感じで長くなってしまいましたが、この曲についてだけでもまだまだ言いたいことが山ほどあるのですが...やはり音楽の話は尽きませんね(^ ^)
'収穫'についてはこの辺にしておきます!

販売期間中はEP収録の楽曲解説を連載してゆきますのでよろしくお願いいたします。

EPの方もライブなどで販売してゆきます、宣伝のためアルバムのストリーミングもやろうと思いますが何か面白そうなストリーミングをやりたいので、何か面白いアイディアがありましたら教えてくださいm(._.)m




では、今日はここまで。

2018年12月21日金曜日

新EP「B級電子音楽狸ポップ」完成〜

tanutanu's  冬から初春にかけて販売するEPが完成しました。

その名も「B級電子音楽狸ポップ」







2018年を総括するようなアルバムになりました(^ ^)

------------------------------------------------------------------------------------------- 
        B級電子音楽狸ポップ 
- tanutanu's -

1.収穫
2.cammina la mattina
3.夕刻
4.spectrum
5.風車
6.雨宿り
7.koi
8.summertimer(Pugmal Sensor remix)
9.summertimer
10.片想い
11.群青
12.風車(Tomohiro Ishikawa remix)
13.紐

CD-R 
¥1,000

販売場所
・tanutanu'sライブ会場
     ・tanutanuRecords(狐ヶ崎)

--------------------------------------------------------------------------------------------

特筆すべきは、Pugmal Sensorさん,Tomohiro Ishikawaさんにリミックスで参加していただいたことです。
初めてのリミックス入りの作品でして他者の感性も入っている訳です。

アルバム全体の雰囲気は平日の昼間にローカル線の各駅停車を往復して乗車している印象です。

いろんな方に聴いていただけるようにライブやインターネットを利用して今から3ヶ月の間、宣伝活動に奔走しようと思います。

初春まで販売しようと思うのですが、それまでにこの作品を50枚売ることとそして10人のリスナー(ファン)をつけることが目標です。
具体的に数字を出して提示したほうがプレッシャーにもなり何としてもというモチベーションになるので頑張りたいです。

私は将来的にレーベルに所属してリリースしたいので、今作のような自主制作品は委託してプレスせずCD-Rの手動印刷、ケースも紙で作っているのでハンドメイド作品として楽しんでいただければ嬉しいですね(^ ^)


拡散力がないので何度でも作品に対する投稿もしてゆき、色々と策を練って楽しく宣伝してゆきます!

参加してくれたアーティストさんにはスペシャルサンクスです!



2018年12月18日火曜日

僕はこのままではいけない

12月16,17日にtanutanu'sとしてライブを2か月ぶりに行ってきました。

16日静岡騒弦さん、17日静岡UHUさん。
よくライブをやらせていただいているライブハウスさんです。
今回、双方とも観覧無料の出演しやすいイベントでしたので楽しくやることができるとともに新しい試みも試すことができました。

お世話になり親しくしていただいている方々も見に来てくれてとても嬉しかったです、ありがとうございました。

久しぶりにライブをやりプロジェクターで映写したりしました。



しかしやはり自分の手応えというか自己評価は今回2日間とも低かったです。

CDも1枚も売れずフライヤーも1枚も取ってもらえずもらえず現実の壁にぶり当たりましたよ(^^)

音楽をやるうえでジャンルを超えて色んな人に気持ち良い空間や不思議な影響を演出して日常では気づかなかったりするものを味わってもらいたい。

まだまだ私のライブや音楽のクオリティでは人々に影響を与えることはできないことを肌で感じました。

ということで今回反省すべきことを修正、アップデートして次に繋げる、 "作曲・練習→ライブ・投稿→凹む・反省・アップデート" このサイクルを繰り返すことで自分は徐々にではありますが成長できると思うのでとりあえず3か月後自分はどのくらい成長できているのか楽しみにしながら活動のほうを続けてゆきたいと思います。

具体的に今回の反省点としては、映像のクオリティが低いというか音に入り込めそうな映像を演出しなければと思い友人にもアドバイスをもらっております。
曲のほうもアレンジが弱い箇所が結構あったのでその辺も修正、MCもふざけてしまったのでもっと曲への熱い想いを伝えなければと思いました。
全体的にもっともっとクオリティをあげなければ評価してもらえない、5年後の俺がおまえはこのままではいけないと言っている。。。

俺は評価されることに飢えている。




ということで年末もライブをやることが決まったので期間が短い中少しでも修正して臨みたいです。
今回Vlogもはじめました。
17日のVlogも後日アップするのでいろいろ試みたいですね!(^^)
16日のVlogです(^ ^)




2018年12月14日金曜日

12月ライブ:スタート〜今回 "〇〇" 点のパフォーマンスを目指します。

2018年12月、tanutanu'sライブをします。

------------------------------------

2018.12.16
静岡騒弦
「Don't be quiet」観覧無料ライブ
act:
tanutanu's

出ル楽ノ助(でるたのすけ)
ユンヤオ
神谷洸太


2018.12.17
静岡UHU
「Monday チャレンジ ライブ」
act:
シミズ
青柳匠
tanutanu's
山田大樹
うめしゅ
maco
開場18:00 開演18:30
ノーチャージ

-------------------------------------
2ヶ月ほどライブをしていなかったのですが、再びライブを再開する訳ですよ(^ ^)

今回ズバリ "57点" のパフォーマンスを目指してライブに臨みます!

ん....57点て低くないか、やる気あるのか...と思うかもしれませんが、今の力を分析すると低目に設定し達成できそうな目標を立てた方が今後の活動のモチベーションを維持するのに良いと判断しました。目標を現実的に設定しながらも全力でやりますよ!

その分、今回ライブという実戦を通じて今の自分に何が足りないのか、客観的にどういうものが求められるのか、今後何を取り組んでいけば良いのかを冷静に反省する機会として2dayライブに臨みます。

どちらのライブも観覧無料で非常に参加しやすいので、このようなライブハウスさん主催の素晴らしいイベントを積極的に活用してゆこうと思いました。

また、騒弦さん・UHUさんという全く雰囲気が異なるライブハウスで2日間全く同じライブセットリスト同じ服装(下着は変えます😅)で臨もうと企んでいるので、それぞれどういう反応があるのか非常に楽しみで今から興奮してます(^ ^)

そして新しいE.Pも今回のライブから販売するのでとりあえず2枚ずつ持ってゆこうと思います。
E.Pも3ヶ月くらいかけて徐々に宣伝してゆこうと思うので、面白い宣伝方法を模索してます。こちらも何をやろうかほんと楽しみです(^ ^)


今回の2daysライブでやるセットリストです。

挨拶(気候の話)
1.風車
MC〜失恋の話(の予定)〜
2.雨宿り
MC〜狸の話(変更あり)
3.紐
挨拶

では、良い報告できるよう頑張ります、ライブの様子をブログかVlogにしようと思いますのでご興味ありましたらぜひ遊びに来てください(^ ^)

2018年12月11日火曜日

狸和尚に出会う : 12月旅その1

旅をしてきました。

やりたいことが山積みなのですが、頭を空っぽにリセットするために何も考えず出かけることも時には必要と思いました(^^)

今回、とある狸スポットを訪れるために古都鎌倉へ。


鎌倉は今年は今回で2回目、何回でも行きたい程おいらにとって癒しのスポットです。



腹ごしらえ(^^)





瑞泉寺。

鎌倉宮までバスで行きそこから徒歩で10分程。


紅葉は残念ながら終わりかけていました。

閑散とした境内の落ち着いた雰囲気、狸スポットと聞きながら一体狸はどこにいるんだと2,3分ふらふらしていると何やら気配を感じる.......。


境内の端っこに少し小高い塚があることに気づく。。


そこを登ってみると、、彼は居ました!!


初対面。
瑞泉寺も何年か前行った時たぬちゃんが居ることに全く気付かなかった...普通にスルーしてしまうほど片隅にいます...。



やはり波長が合うものがあり、この石像にとても感動し有難い気持ちになれました。

狸和尚に大興奮(^ ^)


tanutanuさん(@tanu_ki_oyaji)がシェアした投稿 -


やはり旅は良いですね。
そしてそこで出会う狸がいると最高な気分です。

今回鎌倉以外にも色々行って来たので、後日VLOGにしてアップしようと思います。

リフレッシュしてリセット。
また頑張ろうと思いました(^ ^)
自撮りする謎のおっさん😅


2018年12月9日日曜日

12月第2週 -動き出す-

12月第二週を終えました。

今週は、ズバリ"動き出す"というテーマに相応しかった週でした。

12月なのにまだ暖かいなと思いつつ、週末には寒気もきました。
冬がいよいよ来たと実感しました。

そして10月11月と外への音楽活動がなかったのですが、今月第3週4週にライブをやることが決まりました。

10月から本格的に音源の作品も作って来たので、ライブまでに完成するように間に合わせようと思います。
作品の宣伝等は完成してから徐々にアイディアを練って実行してゆこうと思うので、まずは作品を作ってライブ会場で販売できたらと思います。

ライブも新たな試みもしてゆき面白く不思議な空間・時間を演出できるようにパワーアップしてゆきたいです。

アーティスト写真なるものも撮って来ました。





まさに狸色のコーディネートですね(^ ^)

12月ですが清水の山では紅葉が良い感じですよ。



冬の活動が始まったという新鮮な気持ちで臨めそうです。
秋はインプットが多かったのでその分冬はアウトプットをたくさんして、色々と感じて学んでもっと音楽ができるように成長したいと思います(^ ^)





アー写ももっと加工して盛るつもりなのでよろしくお願いいたします😅

曲も週一ペースであげるのが目標です。
成長するためには、たくさん吸収して、たくさん発信して、たくさん反省するのサイクルを繰り返すことがわかって来たので日々実践してゆきたいです。


tanutanu's - 雨宿り(B級ver)

2018年12月8日土曜日

5年後からやってきた使者

ふと感じたことはふと思いついた何気無いことのようで実は考え抜いたこと、思考との戦いで結局何も出なかった答え、考えすぎて思考力がパンクした故に見えなくなった答え、それが時間が経ってふと感じたことによって簡単に出てくることがある。

最近答えというか、失っていた記憶のようなものが出てきました(^ ^)


それは、"私は5年後の世界からきた私 "であるということです。

今の私は、今=2018年の私ではなく、5年後の2023年の私がタイムマシーンか何かに乗って遡ってきた私であるということです。

時々何か現実ではない不思議なものや不思議な時間に出会いそれらに浸ることがあるのですが、それは過去の何かの記憶を見ていたのかとずっと思ってました。しかし、それは過去ではなく未来の記憶を見ていた。
2018年現在からしたら未来のことであり、5年後の私からしたら過去のこと、具体的に2018年から2023年のことです。

そう、5年後から来た私は5年後のあるべき状態にするために私を変えるために来た。
今何をしなければならないのか私は知っている。
私は改めるべきもの、継続するべきものを知っている。

5年後のあるべき状態と書きましたが、それとは逆に5年後を変えるために今の私は5年後からきたのかもしれない。

過去を変えるか、未来を変えるか、結局それは現在を変えることなんだなと思いました。

2018年12月4日火曜日

ミューズ現る 〜平成30年度初冬編〜

昨夜夢にミューズが現れました!

ミューズは度々夢に現れる。
度々というよりはモノリスのように何か一つのセクションの始まりか終わりかに啓示的な、何かを示唆するように現れるように感じます。

ミューズは仮初めの姿で現れ、とても印象深い夢として私の記憶に残るのです。

とても淡い存在であの方は魅力的な存在です。

今回、私はミューズに誘惑されました。
ここではあまり書けない内容なので想像に任せるのですが、私は夢の中でその誘惑を自らの意思で拒絶することができて、誘惑に勝つことができた。
そのことが自分の中で嬉しかったです(^ ^)
自らの意思、理想、追い求めるものへ夢の中でミューズに示すことが出来たのかなと思い現実世界でも地に足をつけて邁進して行けるのではないかと思いました。

しかし、やはりミューズと共に過ごしたあの夢の時間はとても魅力的でまさに夢で夢のような時間を経たのですね。今度はいつミューズが現れるのでしょうか、また一緒に遊びたいですね。


そんな感じでミューズはあくまで夢の中に現れる一種の理想像、自ら知らぬ間に作り上げた理想の異性、自分に都合の良いものなのですが、私が本当に自分に振り向かせたいのは "風の谷の穴蔵に住むあの子🍃" なのです。
なかなか穴蔵から顔を出してくれないのですが、自分が成長し精進すれば振り向いてくれると確信しているので風の谷のタヌキちゃんに会えるように頑張りたいです。

理想像よりも純粋で鈍感で臆病者なタヌキちゃんこそが自分が好きな狸なんだなと思いますね(^ ^)

そんな感じで大事な人や物や生き物はすぐそばにいるんじゃないでしょうかということを伝えたかったです。はい。

2018年11月29日木曜日

失業した男が迎える明日

tanutanuRecordsチャンネルに「夜明けの海に今はそっと彳む」をアップしました。

3分にも満たない短いピアノの曲ですが、この曲を作るにあたり、作りながら、私が描いたストーリーを紹介しようと思います。





以下、失業した男と対話し彼が語ったストーリーです。

失業した男が最後の仕事を終え彼は遂に"失業した男"になった。
特に感慨深さも特別な感情もなく呆気なく職を失った彼は帰途に着く。
通退勤でいつも通る道。
これまで人気を全く感じたことがないが営業していることだけは何となく分かる喫茶店を通り過ぎる、駅付近のビルの背後にそっとそびえ立つ専門学校の学生たちとすれ違う。
何気ないいつもの光景、テレビコマーシャルのように繰り返す同じような映像みたいなものをこの数年は見ていたのだな。
もうこの道をこの時間歩くことは無いだろうと思いはしたがだからといって特別な感情はこの時は無かった。

借家へ帰りスーパーの値引き弁当と缶ビール
で一人一杯やる。こんなことを何百、何千回と繰り返したのだろうか。
テレビ番組の内容も頭に入ることは無く、映像を追いかけるだけでそれも飽きると寝床につく。
明日になればこの数年間の自分も何処かへ行ってしまうだろう。思い返せばこれまで自分は何をしてきたのだろうかと考えてみると、明日からのことよりも過去のあれこれを振り返ってしまう。
子ども時代、家族のこと、学生時代の切ない思い出、社会人になってからのあれこれ、そんなことを切りがなく思い返していると寝付くこともできず、時計の針も五時付近を廻っていた。

もう夜明けになってしまう。
ふと、よくたまにドライブで行く海にでも行こうかと思い立った。
早朝、日の出の海なんて俺にはロマンティック過ぎると嘲笑う自分を押し殺して、というよりもたまにはどうせ職も無いんだしという気持ちで車へ乗り出した。
少し気持ちが高まっているのを自分自身の中で隠し、あくまでだらし無いオッサン気取りでハンドルを回す。

と今回はここまで。

男の話が長くなってしまったのですが、人生の岐路とか分かれ道を迎えてそこを通り過ぎる時に訪れる平穏で静寂な時間、その時間に何か不思議な魅力を感じておりまして、その草むらを通り抜けてこそ次のステージへスッと渡ることができるのではないかなと思います。

その不思議な時間は人生の岐路のみに訪れるものではなく毎日訪れる夜明けの時間にもあるのではないかなと勝手に思ってます。
そこで昨日のことも全てリセットされ、新しい明日になってゆく。

日々リセットして終わったことに執着せず新しい今を楽しんでゆきたいですね(^ ^)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

tanutanu & tanutanu's

2018年11月6日火曜日

夕方のひととき

こんにちは(^^)

秋になって日も短くなり夕方を迎えるのもだいぶ早くなり17時頃には夕闇が現れ始めます。

今回の記事ではそんな秋の夕方を散歩したり写真を撮ってきたのでゆる~くまったりと綴りたいと思います。



10月の終わりの夕方の平日の港。
人は疎らで学校終わりの学生さんたちが集う。
何気ない青春にホッコリしてしまう...




乗客は少なくもいつもと同じ呼吸でひた動く鉄の塊。





帰宅の何処か温もりある空気に馴染む閑散とした商業ビル。


夕焼けは遠くの空。



今宵がまた始まってゆく。
夕方の短い時間、いつも通りの平日の閑散とのんびりとした雰囲気の中、特に特別なことはないですが心地よくチルアウトできる地元の時間がいいなと思いました。

夕方のひと時、街や近所にふと足を踏み出して何も考えずお金も使わずにひた巡るのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

いつもと変わらず動いていないような地元の空気ですが、その中でも物語は見えないようで進み始めている。
人と自然、草木、植物、動物が関わりあうドラマを日々見てゆきたいし音楽で表現したいですね(^ ^)

そんな感じで外へ出て良いインスピレーションを受けて今週も音楽を沢山作ってゆこうと思います!
                                                           -------------

tanutanu & tanutanu's

2018年11月2日金曜日

夕方の光と闇とチルアウト


11月になりましたね^ ^
私がやっている電子音楽ユニットtanutanu'sの新曲"夕刻(dusk)"という曲をYouTube tanutanuRecordsチャンネルに投稿いたしました。






タイトル通り夕方の美しい夕陽と暖かいオレンジ色の夕空の印象を電子音楽で表現しました。
夕焼に見惚れて癒されるのと同時に侘しい気持ち、センチメンタルになってしまうこともあります。
昼間の終わりを象徴する現象でもある日の出ですので "終わり" をどこか無意識的に意識してしまうかもしれません。
もう終わってしまったことを思い出す。後悔は勿論ですが楽しかった日々への回想、あの頃は良かったと思うとどこかネガティブな憂鬱な思いになるかもしれません。


そんな心にも影響を与える夕方ですが、美しい夕陽・夕空を見て少しノスタルジーを感じながらも気持ちよくチルアウトできたら良いなという感じの曲に仕上げました。

                    ----------


この曲を作るうえで苦労した点はドラムのクローズハイハットが鳴る位置とイコライザーのさじ加減でした。
ハイハットの音色はいくつか使ってますがリズムのアクセントと気持ちよくメロディーとコードの音に乗せられるために小節のなかでどこで鳴っていてどのようにイコライジングするか細かく練りました。

エレクトロの音楽を作る度にクローズハイハットについては試行錯誤しているので上手く自分の中で理論化してゆこうと改めて思いました(^^)

そんな感じで是非ご視聴していただけるだけで嬉しいのでよろしくお願いいたします。


                     ---------


instagramも長いこと放置してましたがまた再開しようと思いました。
Twitterの投稿と同じにならないように、
こちらでは主に今まで出会った方々と交流できたらいいなと思うのでそういう使い方をしてゆきたいですね(^^)

よろしくお願いいたします。


                                                                                  --------


tanutanu & tanutanu's

2018年10月31日水曜日

10月の終わり

 2018年の10月も終わりを迎えますね。
今月は気温も冷え始めましたが天候にも恵まれて穏やかな日が多かった気がします。
こんな穏やかな陽気には外出がとても気持ち良く一年の中でも過ごしやすい月だったと思います。

秋冬ものの服や新製品の発売などショッピングに夢中になり販売日までの待ち遠しさが日常に溢れてとても楽しい月でした。

 ユニクロUの新作を手に入れるために販売日に浜松の大型店へ行き開店前から待ったり、iPhoneの新作を予約するために予約開始時間に必死に仕事を切り上げたりと色々と奔走しましたね^ ^

 こういったショッピングイベントに参加するだけでも日常に楽しみを与えてもらい明日への活力になり良き思い出となるのですね。



                ---------------------------



 音楽活動は、ライブをすることはなかったですが、各ネットワークに音楽を投稿することができ投稿に向けてサムネイルの撮影へ出かけたりテーマを練るためカフェで会議をしたりと充実してとても楽しかったです(^^)

 音楽にするテーマを考えテーマに合うような楽曲を見つけ、それを参考にしてそれをもとに自分で音楽を作って行くというインプット・アウトプットの繰り返しで自分の音楽をクオリティの高いものにできたらと思ってます。


                                              ---------------------------       

 投稿した音楽への反応をまだまだ貰えないし視聴数も平均1桁ですがそれも自分への評価・実力ですし妥当なものと思います。たまに投稿したものを確認し再生数が一つでも増えていたらとても嬉しくそれがモチベーションになりますね。
 音楽は私にとって日々生きていることの記録なのですが、もっと色んな人に聴いていただきフォロワーも増えてきたらもっと色んなことができそうだしヴィジョンが広がるしそういうことをイメージすると楽しくなりますね^ ^
 記録であるとともに、それが人の役に立ったら嬉しいです。数字にあまり執着せず人の役に立ったり楽しませたり良い影響を与えられることを第一に意識して音楽をやりたいです。


                                             ---------------------------

 そして11月は音源を自主制作で出すことが目標です。
いくつか曲は出来上がってますしリミックスしていただいたものもあります。ミックス作業や曲順を練ったりどの曲を入れるかで中々出すまでに時間がかかりますが、11月に出して12月からライブもやってゆこうと思う次第です。

 面白そうなことに何でも挑戦ですね。
11月もブログも沢山投稿し沢山インプットし沢山アウトプットしてゆき自分の質をあげてゆきたいです。


2018年10月29日月曜日

ハロウィンに狸たちも仲間に入れてくれたら

tanutanuBGMチャンネルに「秋の夜長のメルヘンチックで不思議な音楽」をアップしました^ ^


10月31日はハロウィン🎃ですね。
週末には各地でハロウィンパーティーも開催され、街中のお店にはハロウィングッズやカボチャの装飾が各地で見られ商業と結びついた一つの文化になっているのかな。

ハロウィンという雰囲気だけでも味わえたらこの秋も日常ももっと楽しめると思いますので、今回ハロウィン的な雰囲気にぴったりの音楽を作りました。



西洋のお伽話から出てきたような魔女やお化けと日本のお伽話の化け狸が共演した楽しい感じの音楽ができたのではないかと思っております。

存ずる通り私たちは狸は化ける動物であると子どもの頃から昔話や民間伝承から学んできています。

化かしたり山で腹鼓を打っている狸像・狸観、ハロウィンというとお化けたちが恐ろしながらも何だか楽しそうなイメージ、この二つが私の中で共存できて音楽を作る上のイメージができやすかったです。


単純にハロウィンの中に狸さんたちも仲間に入れてくれたら嬉しいなという思いが強くありました^ ^


今回色んな楽器の音色が入っておりアンサンブルに苦労しまだまだ引き出しが少ないことを痛感しましたね。
回をあげるごとにクオリティを上げてゆき聴いていただいてくれた方の役に立つような音楽を作れるよう精進してゆきたいですね。

次回BGMチャンネルは"夜明け💤"をテーマに作る予定なので今回聴いていただいた方は次回も是非ともお願いいたします。


それでは良きハロウィンを!!
----------------------------------------------------
tanutanu &tanutanu's










2018年10月27日土曜日

寄り道して茶畑を通る:のんびりとした日常

家から徒歩10分ほどの山の麓に茶畑があります。
麓の公園へゆく道沿いにあるため散歩やランニングをする人々のコースになっている。

良く晴れた休日の昼間茶畑のコースを歩く気持ちよさ、遠くの山を望む美しい風景、何もないような地元ですが、暮らしの中で素朴ながらアンビエントな空間がいたるところにありアンビエントな時間が今この瞬間も流れていますね。

そんな環境の中、過去のことを振り帰らず考えず今この地方の時間の流れをありのままに受け入れて楽しんで日々過ごせてゆけたらいいんじゃないかなと思います。






YoutubeのtanutanuRecordsチャンネルに「風車(Clematis)」という曲をアップしました。





音数が沢山あり色んなところからメロディーが聞こえてくる焦点が色々あり面白い曲と思います。
サイン波の丸い音のシンセサイザーの音、鐘やエレピの音はよく使う音で、自分に波長が合いとても大事にしているものです。
これらの音をふんだんに使いドリーミングで気持ち良い響きにしました。

茶畑の牧歌的な風景とそこに吹く四季折々の風とこの曲の音像はどこか共鳴するものがあり、この曲は今年作った曲の中でも好きな方にありライブでも夏くらいからセットリストの常連になっております。
序盤、前半の牧歌的で浪漫あるメロディーにはライブをやっている時も自分でうっとりするほど楽しい気持ちで毎回臨んでいて今後ともライブでやろうと考えてまして、この曲の良さを最大限に伝えるため改善案を模索しております。

実はこの曲は浜松のTomohiroIshikawaさんにリミックスしていただいております。
私のライブを見てこの曲をリミックスしたいとIshikawaさんから声をかけていただき非常に嬉しかったです。
---「ishikawaイズムを注入してもらいました」https://ambienttanuki.blogspot.com/2018/06/ishikawa.html


生き急ぐこともあるかもしれませんがどっしりのんびりと音楽を楽しんでゆきましょう^ ^

2018年10月21日日曜日

安らぎの秋、とらわれ過ぎず楽しく流れるまま

10月21日
tanutanu BGMチャンネルに 
安らぎの秋〜自分らしく 落ち着いて ありのままで。

を投稿いたしました。







今月10月は初旬から夏の残暑や天気も荒れることも多かったですが、中旬は気温も下がり次第に晴れ間も広がり待ち望んだ秋らしい穏やかさが来たのではないでしょうか。

そんな秋を私自身がポジティブで気負いせずゆったり楽しもうという気持ちで今回のBGMを作りました。

BGMチャンネルに投稿した動画!?(曲)は今まで一曲単位でしたが今回3曲が収録されてます。
1曲目と3曲目は書き下ろしの新しい曲で2曲目は2年前のちょうどこの時期に作った曲です。


1曲目0:00〜3:00くらい
2曲目3:00〜8:10くらい
3曲目8:10 〜11:22

ピアノやストリングスが主体のシンプルな曲調で時間も短めでして、さらっと淡白に聴けるプレイリストにしたいなと思いました。
自然体で今生まれそうな音楽を作りました。

インストルメンタルの曲なので特に主張は無いのでいろいろな用途に聴いていただけたら嬉しい限りでございます^ ^


日々日常の生活の中でいろいろな関係やフラストレーションが人それぞれあると思いますが時間の流れをありのままに感じさせてくれる季節の美しさをふと見つけて、季節の中にいる自分の"生"の時間の素晴らしさを実感すると一つの点にとらわれず流れるままに生きていけばいいのだなと思いますね。

流されるのではなく流れる生き方がいいなと思ったので自分自身で後で見返すためにここに記しておきました^ ^



次回BGMチャンネルではハロウィン🎃の音楽を投稿する予定です。
一週間後28日くらいには完成させてアップさせるつもりですのでもし今回の安らぎの秋を聴いていただいた方是非とも次回もお聴きくださいm(_ _)m

ではここまで読んでいただいた方々ありがとうございます。
重ね着が楽しい時期なので良きお洒落を👕


-------------------------------------------------------------------------------------------
tanutanu & tanutanu's

HP : https://www.tanutanus.com

Twitter : https://twitter.com/tantanuRecords

SoundCloud : https://soundcloud.com/tanutanu_s  
Youtube :
  tanutanuRecordsチャンネル - https://www.youtube.com/user/ponkitimujina3
  tanutanuBGM チャンネル - https://www.youtube.com/channel/UCj0i4uzeS0xzCm_duWDZpdA

2018年10月18日木曜日

10月のとある休日

まったりとした平日の休日。
清水人の何気ない休日をゆる〜く綴ってゆきます。


平日の空気

外は曇り空、特に行き先は決めてなく歩く。
平日のどこかのんびりとした時間が流れてました。


清水狐ヶ崎のイオンの屋上から見える清水の展望。↓




イオンのすぐそばにある池には釣り人もちらほら。
それぞれの平日の日常がありました。↓


一人の時間

狐ヶ崎から草薙まで歩く。
いつもなら自転車で通り過ぎるコースも徒歩で時間をかけて行くと普段見過ごしていたりするものもありますね。
カフェみたいな気になるお店など何もなさそうで面白そうな空間もあることを実感(写真を撮り忘れる...)。
ここがギャラリー見たいなカフェスペースで気になりました。↓



冷え込んできた気候も歩くと体が暖かくなる。
体をどこかへ進めると心も穏やかになったような気がする。

そんな気がしながら草薙へ着く。(草薙の写真を撮りわすれる...)
アンビエントみたいな名前の"a bientot"という小さなお店が草薙にあるのですがそれが前々から気になっております。どうやらサロンのようですね。



新静岡の方まで電車でゆき中華をいただきました。
平日でしたがランチタイムは人集り。
人々に惑わされずのんびりまったりと自分のペースで食べる。
ご馳走様でした。





買い物をして、再びフラフラ歩く。
終始曇り空時々小雨。
学生たちの帰路。
何気ない平日の止まっているようで進んでいる地方のリズム。





秋は動き出している。




秋から冬へ進んでゆきますが、様々なイベントなど楽しみなことだらけ。
外へ出かけ楽しんでゆきたいものです。

ブログには告知やライブイベントの感想がほとんどなので、たまにはこういう投稿もしてみようと思いましたが、なかなか難しいですね。
写真とかもっと撮って視覚的にも面白くできたらなと思いました。

そんな感じでこの秋やろうと思ったことは何でもやってどんどんアウトプットしてゆきたいですね^ ^


では作品も沢山出来上がってきたのでブログも更新する機会も増えると思うのでここまで読んでいただいた方、是非ともまた遊びにきてください( ͡° ͜ʖ ͡°)



秋のBGMにお使いください。

2018年9月24日月曜日

独身者が過ごすお月見

9月24日は中秋の名月、お月見です。

祝日で天気も良好で今年は良きお月見を過ごしているでしょうか。

お月見といえば狸が思い浮かびますね。
童話の証城寺の狸囃子で月夜に向かって狸たちが腹鼓を打っている様を連想しますね。

またお月見の日に限りお供え物を勝手に取って良いという風習もあるそうで、まさに古来より人里に住む狸たちにとってお供え物を盗んでも許されるお祭りのような日なのです。
(参照 https://shikinobi.com/juugoya)



しかし、時代は変わった。
兎たちは月で餅つきをしなくなった、狸たちの狸囃子ももう聞こえなくなった...

祝日だが朝から晩まで労働をして夕方のイオンの値引きのお寿司の折と工場で大量生産された添加物入りの串団子を買い(ワオンカードのポイントを貯め)、帰りのバスから見える満月を眺める。
そして、四畳半のアパート(レオパレス)でスマホを弄りながら質素な夕飯を食べているのを窓越しから月が覗いている。

俺たちが俺たちのご先祖様たちが望んだ社会の安定というのはこういうものなのか...。


そんな感じで、今回独身男性が過ごすお月見をテーマにBGMを作りました。
孤独で先が見えない生活の中にどこかそこに安心安定してしまう様相とお月見の優しい美しい様相を合わせました。


ではお月見に限らず秋は名月が見れるので楽しんでください。


------------------------------------------------------------------------------------
tanutanu's
静岡のB級電子音楽ユニット。
B級、一流のものが必ずしも求められない時代。
二流だからこその崩れた・はみ出た、少し間抜けなポップな感覚。
スタンダードからの崩しが新たな価値観を生み出すことが多々ある。
そんなB級なサウンドがもしかしたらあなたに新たな音楽体験をもたらすかもしれません。
ご興味ありましたら是非一度試して見てください。


tanutanuBGMチャンネル - BGM作業用系の音楽を投稿
https://www.youtube.com/channel/UCj0i4uzeS0xzCm_duWDZpdA

tanutanu's SoundCloud - エレクトロニカの楽曲を投稿
https://soundcloud.com/tanutanu_s

tanutanu'sホームページ
https://www.tanutanus.com

田舎にエレクトロニカの境地を感じる何故だろう

こんにちは私はt_anutanu(タヌタヌ)と申します。 チルアウト系の音楽を制作しています。 今この時点で5月は3日、20度超えの日も出てきたり初夏から一気に夏へ行ってしまいそうな気がします。 そんな夏を感じてくると個人的に 田舎エレクトロニカ を味わいたくなりま...